某マウスの処置

使ってるマウス。
エレコムのM-XGS10DBRDというやつで、使い心地が気に入ってて、家でも会社でもこれ使ってます。

ただ、こいつは欠点があって、塗装がハゲやすい。レビューでも時々書いてる人がいるんで、たぶんウチだけの問題ではなさげ。ハゲてまだらになってキタナイんで、再塗装しました。再塗装前がこれ。キタナイ。

本作業の前に、まずはバラしのためのメモ。ネジ留めしてあって、ネジ穴はスペーサーに隠されてるけど、穴があるのは左右の2箇所だけ。上下は関係なし。(このマウスはS・M・Lと3サイズあって、今回のはSサイズ。サイズ違いのやつでもネジ穴の場所が同じかは未調査)

そしてネジはY字型なので注意。プラスでもマイナスでもない。

さて本題へ。まずはまだらになった塗装を削り落とし。

下地(プライマー)を吹いて。

その上からメインのメタリックレッドを吹いて。

ここで終わりにしてもいいんだけど、またハゲて汚くなるのは嫌なので、保護膜としてクリアーラッカーを吹く。ここで失敗しちゃったのが、この日が雨で湿気が高かった中やっちゃったこと。ラッカーって水分と反応して白くなる性質があって、そのせいで一部白くなっちまいました。( ̄+ ̄;

まあしゃーない。ひとまずこれで組み立てて完成。(`・ω・´)

ハゲたやつ他にもあるんで、順次再塗装していこっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください